コンサート・イベント情報
2018年8月17日(金) 19:00開演/17:30開場

flyer

クリックで拡大

今井薫オーボエライブVol.2【後援】

~いまいちど薫るひととき~

会場
渋谷 JZ Brat
出演
齋藤 順(音楽監督/Cb)
今井 薫(Ob)
阿部 篤志(P)
東 佳樹(Dr/Per)
プログラム
アリオーソ バッハ
ダッタン人の踊り ボロディン
白鳥の湖より チャイコフスキー
四季メドレー ヴィヴァルディー
・・・・・・・
伝えたい気持ち 齋藤順
雲の上のワルツ 今井薫 (亡き恩師、似鳥健彦先生、吉成行藏先生に捧ぐ)
枯れ葉
Smile
ニューシネマパラダイス
シンドラーのリスト
リベルタンゴ
編曲:全曲 齋藤順
※曲目、曲順は、変更になる場合があります。
チャージ
予約¥4,500 当日¥5,000 学生¥2,000
ご予約
03-5728-0168 E-MAIL : info@jzbrat.com / i-kaoru@cotton.ocn.ne.jp
後援
日本オーボエ協会
2018年9月1日(土) 14:00から17:00(3名)
flyer

クラウドファンディング・リターン公開レッスン【主催】

会場
JDRサロン(新宿駅西口徒歩3分)
講師
辻功(読売日本交響楽団首席奏者・洗足学園音楽大学教授)
レッスン
①14:00-15:00 森松 炎山(高校生)
②15:00-16:00 木村 伊織(東京音楽大学1年)
③16:00-17:00 本岡 華菜(武蔵野音楽大学2年)
聴講料
オーボエ協会会員 無料
一般 1000円/学生 500円
定員30名
主催
日本オーボエ協会
ご予約・お問い合わせ
お問い合わせフォームよりお願いいたします。
2018年9月8日(土) 10:30~16:00

連続講座「古典オーボエ講座」【主催】

第二回 通奏低音を伴う演奏

連続講座「古典オーボエ講座 オーボエ音楽の歴史的な解釈と現代における演奏」を開催します。
内容としては、最初の四回は主として盛期バロック音楽をテーマとして、音楽を実現する道具としてのオーボエを、時代精神と技術的観点から理解し、時代ごとの音楽表現へのアプローチとしての、バロックオーボエの演奏や現代楽器によるシミュレーションの方向付けを得ていただくことを、主旨とします。
講座の目標は、バッハの時代の音楽の基本原理を知り、理解・解釈・演奏へ導くアプローチの方法を体系的に習得すること、また、音楽の構成と内容・演奏へのアプローチと演奏の実際を言葉で説明できるようにすること、なぜ?に答え て説得力のある演奏をできるようにする、ことを設定しております。
講師は全体の構成と監修と楽理講義・チェンバロ演奏を桒形亜樹子先生、オーボエ講義・ 演奏を、ご活躍中のバロックオーボエ・モダンオーボエ奏者におねがいしております。 皆様、ぜひこの機会にご受講ください。
会場
スタジオ ピオティータ(定員25名)
東京都杉並区下高井戸 4-22-34(京王線桜上水駅徒歩10分)
出演
構成・監修・楽理講義・チェンバロ演奏:桒形亜樹子
オーボエ講義・演奏:小野智子
主題と内容
主題:楽器とリード、ピリオド楽器使用の必要性と考慮点、演奏の実際
内容:通奏低音の構成と、リアリゼーションの方法を理解し、鍵盤奏者とともに音楽を作り上げることができるようになる。
受講料
JOA会員の方 1000円(会員証をお持ちください)
JOA会員以外の方 3000円
お申込み
praetorius@eos.ocn.ne.jp 宛に「JOA 古典オーボエ講座門申込」とタイトルをつけてお名前、ご連絡先、プロフェショナル奏者・アマチュア奏者の区別を記入の上、メールをお送りください。 申込は先着順としますが、受講希望が多数の場合、JOA会員の方を優先する場合があります。(定員25名)
主催
日本オーボエ協会
今後の予定
第三回 調整中
演奏の実際
主題 楽器とリード、ピリオド楽器使用の必要性と考慮点、演奏の実際
内容 オーボエの演奏のアプローチの実際とその技術的な課題
第四回 調整中
以降  調整中
その他のコンサート・イベント
終了したコンサート(2011年途中より旧ウェブサイトとなっています)